FC2ブログ
Welcome to my blog

東洋医学的なチェック方法(口周り)NO2

いつもありがとうございます。

前回、東洋医学の診方について
ご説明いたしました。

今回は具体的に口周りの症状に

ついて、現代医学でも胃腸の状態は

よく口に反映されると知られています。


東洋医学では「口」と「脾」が密接な
関係と捉えています。

「脾」は現代では胃腸と考えて頂ければ
わかりやすいと思います。

では、具体的に

口角りがヒリヒリと赤くなれば、胃壁でも
らかの炎症が疑われます。


よくあるのが食べ過ぎや就寝前の飲食

などで胃の粘膜が弱れば、口角がただれ

たり切れたりします。

口角周りがヒリヒリ赤くなると、逆に食欲が

わいてきたり、これまで少食だったのに少々

食べても満腹感を得られなかったりしますが、

これはみせかけの食欲で食べる事でさらに

胃炎や口角周りの症状が悪化します。

口角の症状がでれば、食欲がわいても、食事

制限し、消化のいいものを選び胃腸を労わるこ

とで早期に緩和します。


口回りに吹き出物が出やすい方は、もともと胃腸
が弱い方が多いです


口周りの湿疹や吹き出物は胃腸の粘膜でも炎症

が起こっている可能性があります。


唇がカサカサしていれば、体温がやや高めになって
いる事も多く、内臓の異変、疲労やストレス、慢性的
な胃腸炎、また加齢などでも起こりえます。


胃腸の虚弱は口が大きな人ほど強く逆に口が小さ

方は弱い傾向にあると言えます。


0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment