FC2ブログ
Welcome to my blog

徳川慶喜 山岡壮八の本

明治維新や幕末に関する歴史書は多く、

人気のある作家は司馬 遼太郎でしょう。

私も好きですが、山岡壮八も沢山の歴史

本の残しています。
tokugawayoshinobu.jpg



そのなかで、今回ご紹介するのは、

「徳川 慶喜」です。

知らない方はいないほど、徳川家の歴代

将軍でも有名ですね。

徳川将軍の中で唯一写真が現存し見るからに

聡明・闊達で、まあ頭の切れそうなお方、、
、そんなイメージの方です。

評価は様々で、

鳥羽伏見の戦いで遁走した。

幕府及び幕府軍を見捨てた、、、

など悪評もあれば、

戦火を広げず犠牲者を最小限に抑えた、外国の


植民地になるのを防いだ、、


朝廷に対する恭順は、保身ではなく行く末を考え

ての英断であった、、など

です。

この本の評価は後者で、かなり徳川慶喜を美化して

るものの慶喜公ファンにとっては読みごたえある本と

言えます。



肝心の慶喜公ですが、後年の回想談でもほとんど肝心な

ことはしゃべってない(しゃべりたくなかった)

ので、当時の心境や戦術などが断片的にしかわかってま

せん。


私としては、こうゆう徳川慶喜の性格からしても暴君

ではなく名君であった思います。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment