FC2ブログ
Welcome to my blog

腰痛に使う鍼について

RIMG0036.jpg
前回、突発性難聴に使い鍼をご紹介いたしましたので、
今回は腰や臀部の痛みに使い鍼についてご紹介します。

鍼と聞くとイメージとして腰痛や肩こりが浮かぶのが
一般的であると言えます。

たしかに、当店でも腰痛や臀部に痛み等によく使用します。

鍼を刺すことで筋肉がゆるみ、血行がよくなるので、
腰の痛いのが緩和する、、、

これは間違えではなく、その通りなのですが、
腰でも、使い痛みや、特定の痛む場所がハッキリしている
とよく効きます。

また、慢性でなく急性腰痛で、それほど酷くないない例でも
有効です。

逆に痛み局所がハッキリしない例や、慢性化したもの、急性
腰痛でも症状が酷い例では、その効果が限定的になったりし
ます。



実際には後者の方が多く(当店)前者の方はごくわずかである
ため、どの程度の症状にどの種類でどれくらいの本数をうつのか
なのですが、、。

開業する以前は、痛み方とその範囲に応じて鍼の太いのや半数を
増やす事で、痛みをとりお客様を少しでも楽な状態にしてあげよ
と励んだりしていた時期もありましたが、それが逆効果になった
りすることもある事に気が付いてからは、とにかく本数を増やす
、、と言う手法はとっていません。

どの症状に対して、どのくらいの本数や鍼の太さなどにつても、
次回にご紹介します。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment