FC2ブログ
Welcome to my blog

踵が痛くなるセーバー病とは?

いつもありがとうございます。


小学生くらい年代に多い症状一つにセーバー病

あります。

セーバー病


子供の頃は、足のかかとの部分は軟骨でしっかりした

骨になっていません。


大人になるにつれて骨化と呼ばれるしっかりとした骨に

なりますが、セーバー病と呼ばる症状は「踵骨骨端症」と

言はれ、踵骨の後方ににある軟骨の障害で起こります。


原因として多いのは子供の縄跳びが代表です。

これは、踵の軟骨のジャンプの着地時の切り返しの衝撃が

入ることで炎症が起こったり、踵についているアキレス腱が強く

引張られて骨にひびが入ったり、アキレス腱が痛んだりします。


アキレス

改善法

基本は安静です。

衝撃を和らげるヒールカップ

セーバー病 ヒールカップ


電気療法やレーザー

など。

セーバー病 鍼灸


アキレスやヒラメ筋・腓腹筋などを緩める鍼灸が有効です。


痛みが引いてくればアキレス腱・ふくらはぎ・ふとももの後など連動して動く

筋肉を緩めるストレッチングと足首・膝等の関節の動きを改善させて行く事が

必要です。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment