FC2ブログ
Welcome to my blog

子供の手を引っ張ることで起こりやすい肘内障

いつもありがとうございます。


幼稚園児や小学生位のお子さんによく起こる

症状の一つに肘内障があります。


【何気に子供の手を強く引っ張ったりすると腕が抜けた】

肘内障


と言はれることが多く、負傷すると手がブラブラしたり触ると

とても痛がったりします。


子供は骨がまだ成長しきっていないだけでなく、骨と骨が離れないように

結んでいる靭帯と呼ばれる組織もゆるいために、何かの拍子で、外れかかった

りするのが肘内障です。


起こりやすいパターンは、子供が気を抜いている時に、急に腕を引っ張っると

肘内障になりやすいのです。

肘内障のパターン


例えば、子供が遊んでいる時に、不意に連れていこうとして腕をいきなり引っ張ったり

したときなどです。

お子さんの手を引っ張るときは、ひと声かけて手を引っ張ってあげると、子供も意識に

筋肉に力がはいるため、肘内障をふせぎやすくなります。


改善法

基本的には整形外科を受診してください。

そん場でもと通りになりますので、症状によってはしばらく固定

しておいたうがよい場合もあります。


一度なると、後遺症として大人になっても残るのでは?と心配される

こともありますが、その心配はありませんのでご安心ください。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment