FC2ブログ
Welcome to my blog

腰の靭帯損傷とは?

いつもありがとうございます。


意外に多い腰の靭帯損傷について


ぎっくり腰と同様の症状で重いものをもって

腰の靭帯に負荷が掛かり、靭帯が損傷することで

痛みを生じます。

腰の靭帯損傷

棘上靭帯の損傷


特徴としては、腰の中心部(真ん中にある骨を押すと痛む)

が痛みます。



背中がまがるのは、椎骨(背骨)と呼ばれる骨が重なり合わさり、

椎間関節と呼ばれる関節で連結されているためです。


椎骨(背骨)をつなげているのが、椎体と椎弓の間にある椎間板と椎間円板

椎弓同士を連結している椎間関節で、椎骨(背骨)と椎骨(背骨)の連結を補強

しているのが靭帯と呼ばれる組織です。


腰の場合い5つの椎骨から構成され、強い力が入ることで損傷され、特に

腰椎の4番や5番あたりによく症状がみられます。


手足の捻挫なども靭帯の損傷で、痛めると患部が腫れたりしますが、腰の靭帯を

損傷しても腫れないのが殆どです。

確認法

うつ伏せにねてもらい、背骨の骨に指をあて、圧力をややかけながら左右にゆらし

痛みが増すようなら靭帯損傷の可能性が高くなります。

改善法

急性期は冷と安静になります。

その他、コルセット・テーピング・電気療法

鍼灸は急性期より適応で症状の改善が早くなります。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment