FC2ブログ
Welcome to my blog

コンパートメン症候群とは?

いつもありがとうございます。


膝から下の前側が腫れて痛む症状の一つに

コンパートメント症候群があります。

コンパートメント症候群


症状としては膝から下が腫れて痛むのですが、

じっとしていば痛みは殆どありません。

しかし、動いたりすると痛みを感じるのが特徴です。


膝から下の筋肉は4つの区画にわかれます。

コンパートメントとは、筋区画のことで、膝から下は、

この区画によって4つの区画に分けられます。


運動時は、血液の流れる量が増えることが誇張し

周りの筋肉や神経を圧迫してしまいます。

圧迫が続くと強い痛みと腫れが出て、神経の麻痺と圧迫

と筋力低下が起こります。


筋区画は4つに分かれますが、これはどの区画でも起こり

えるのですが、前方コンパートメントの中でも時に前脛骨筋

の起こりやすいのです。

前脛骨筋


そのまま我慢していると筋力が低下し足首を反らすと痛みが生じ

足の甲にシビレ感を感じるようになります。


改善法

基本はアイシングで冷やせば回復します。

血流を改善させるために電気療法や鍼灸などで

血液の循環をよくします。


その他、テーピング、医療マッサージなど

悪化してしまった際には手術により筋膜を開いて内圧を

下げなければ回復しないため初期の段階で適切な手当て

が必要です。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment