FC2ブログ
Welcome to my blog

顔面神経麻痺の回復度合いを評価する

いつもありがとうございます。


顔面神経麻痺になると歪んだ顔の筋肉の状態

を確認する方法に、電気を通し反応を測定する電気生理学検査

がりあます。

顔面神経麻痺(表情筋)

これは、病院でないと受けれませんが、顔の筋肉の左右の対称性

や動きなどを直接観察して、どのくらいの期間で回復するかや後遺症

がでるのかどうか?を評価する簡易方法があります。


顔面神経麻痺の評価方法で代表的なのが柳原40点法と呼ばれるもの

です。


この方法の項目には10項目があります。


安静時と随意運動(笑ったり・目を閉じたり、、、、)などで点数をつけていき

顔面神経麻痺の回復度合いをみて、回復期間を大まかにですが把握するのに

優れています。


但し、病的共同運動をとらえることは困難なことや、この評価方法になれていない

と評価自体があいまいになり、それだけを基準にリハビリなどを行うと後遺症を

悪化させたりする場合もありますので注意が必要と言えます。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment