FC2ブログ
Welcome to my blog

オスグット病とは?

いつもありがとうございます。


膝の下あたりが腫れて痛む症状にオスグット病があります。

低学年である小学生や中学生に多くみられ両足にでやすい症状で

成長期の膝のスポーツ障害で代表的な疾患であると言えます。

特にサッカーやバーレーボールや陸上競技などジャンプ力を必要

としたり、膝に繰り返し圧をかけるような競技で起こりやすい。

正常な膝


オスグット病


膝の運動で曲げ伸ばしして膝蓋靭帯が反復的引っ張られると足の骨と

膝蓋靭帯がついている部位が炎症を起こして腫れて痛みます。


その状態を放置していると最終的は剥がれて浮いてしまいます。

そうすると脛骨と呼ばれる膝蓋靭帯あが付着している骨を骨折しやすく

手術で治すしか方法がなくなってしまうため早期の治療が大切であります。


小学生や中学生そでは膝蓋靭帯の付着部が安定していないため痛みやす

いのですが、ある程度成長すると膝蓋靭帯自体に痛みを感じやすく、さらに

年齢があがれば、お皿の上に痛みを感じることが多く、同じような原因でも

年齢に応じて痛みを感じる部位が違うと言えます



予防:

予防には大腿四頭筋のストレッチを十分行う。

大腿四頭筋は骨盤から脛骨粗面を結ぶラインにありますので、股関節・仙腸関節

の状態も確認しておく事が必要です。

スポーツをされる方であれば練習前後にじっくり時間をかけてストレッチングをする

事が大切です。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment