FC2ブログ
Welcome to my blog

頸肩腕症候群(頚椎症・頸椎椎間板ヘルニア)

いつもありがとうございます。


首の神経が原因で首や肩・背中・腕や指などにシビレや痛み

などの異常が起こる症状に頸部に起こるヘルニアと頚椎症

あります。

頸肩腕症候群


頸椎椎間板ヘルニアは20~40代、頚椎症は40最上に多く、これら

を合わせて頸肩腕症候群と言います。


職場でパソコンに一日中向っている方々に多いとされます。



初期は、なんとなく肩や腕の感覚がおかしい?重だるい程度です。

ですので、首の神経からと気がつきにくく、運動不足や使い痛みだと

思われます。


徐々に進行すると手先のシビレが継続したり、肩・腕に痛みなどが生じます。

さらに進行する手に力が入らない、握力がなくなりつかんだ物を物を落

としてしまうなど筋力の低下があらわれます。


症候群とは?

ケガや腕を痛めてたわけではない、しかし、腕や指に痛みや重みがある

しかしながら、筋肉疲労の可能性もあるかもしれない。原因はヘルニアや

変形した頸椎によるものだとわかっているものの症状の本質が判別しにく

場合などは頸肩腕症候群と診断されます。

スパーリングテスト



徒手検査ではスパークリングテストがあります。

首を痛みがある側やや後方に反らし検査者が両手で頭部を下側に圧迫

すると異常感覚(シビレ・違和感)が増せば陽性です。

首の神経支配


また、シビレている部位から首のどの部分に障害があるかの予測がつきます。

これで症状が出ない場合は首でなく、肩・肘・手首など別の部位に原因があると

予測がつきます。





病院ではレントゲンで首の骨の変形があれば頸椎症、レントゲンで変形がなけ

ば異常なし、もしくは精密検査(CT・MRII)でヘルニアとなるか、画像上異常が

見当たらない場合は異常なしになります。


レントゲン等でも異常がない例が多く(原因不明)となりますが、痛みやシビレで

悩んでいる方に対して現代医療では殆ど何も出来ないと言う問題があり、

頸肩腕症候群はその代表的とも言える症状です。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment