FC2ブログ
Welcome to my blog

腱鞘炎(ドケルバン病)の症状・原因・改善法 NO2

いつもありがとうございます。


腱鞘炎(ドケルバン病)の改善法について、

使い過ぎによる痛みの場合は安静が基本になります。

1.テーピングやギブス・包帯による固定などで指の曲げ伸ばし
出来ないようにします。


腱鞘炎 サポーター


現在では様々なサポーターがネットなので選べますが、固定力
のしっかりしたもので、運動や仕事などをされる際は注意が必要です。

固定力のしっかりしたものほど、指・手首などの動きを制限しますので
、この状態で使い過ぎると、肘・腕全体が痛くなったり・肩甲骨まわりまで痛く
なったりします。

指や手首の動きを他の部位で補うために肘・腕や肩甲骨周りに負担が掛かる
ために起こる症状です。


2.湿布・痛み止め・ステロイド注射など

3.改善が見込めれない際は腱鞘を切る手術があります。

4.鍼灸

腱鞘炎 鍼灸


副作用もなく、最も安全で効果があります。

炎症を起こしている腱鞘や、使いすぎて疲労した筋肉に直接 鍼灸をする

ことで、血流を改善し炎症をおさえます。

腱鞘炎 お灸



お灸は市販でもありますが、手首に直接すると熱くて我慢できなかったりし

ますが、間接灸で温める事で問題なくおこなえます。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment