FC2ブログ
Welcome to my blog

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

いつもありがとうございます。


上腕骨外側上顆炎(テニス肘とは?)


テニスのバックハンドの動きの多用することで痛みが

起こることからテニス肘の呼称で有名なのが上腕骨外側上顆炎です。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)


実際のところは、テニスのバックハンドが原因で起こることよりも

手作業や手首を使う、などある一定の動きや習慣動作ににより

炎症を起こすことが多いのが実情です。


また、男性よりも中年以降の女性に多いと言はれます。


上腕骨外側上顆炎を起こすとタオルを絞ったり、玄関のドアノブや

水道の蛇口をひねるような動作で痛みが出ます。



痛みがあるものの、患部が腫れることはありませんので様子をみたり

市販の湿布で様子をみることが一般的です。


しかしながら、一旦痛みが出てくると生活のリズムやお仕事などで肘を

同様に酷使するために、なかなか改善しない例が多く、しかも痛みのある肘を

かばうよう動きになってしまうするため、背中ら肩甲骨周りまでに、凝りや痛みが

出る事があります。


上腕骨外側上顆と呼ばれる部位は、手首関節を反らしたり、手のひらを下側から

上に回す筋肉など、すべて上腕骨外側上顆と呼ばれる部位に集まっていますので、

使いすぎると筋肉が異常緊張を起こし炎症を起こします。


上腕骨外側上顆炎かどうかの確認法は下記のテストで判定できます。

※トムゼンテスト

トムゼンテスト


肘を曲げた状態で手をグーにしてもらい、その状態で手首を起こしていきます。

この時に検査者は、その動きに抵抗を加えます。これで肘の部位の痛みが増す

なら上腕骨外側上顆炎と判定できます。

※チェアテスト

チェアテスト


椅子を手首のちからだけでゆっくりと持ち上げていきます。

(別に椅子でもカバンでも適度な負担が肘に掛かるものならOK)

これで肘に痛みが増すようなら上腕骨外側上顆炎と言えます。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment