FC2ブログ
Welcome to my blog

アキレス腱の炎症

いつもありがとうございます。


アキレス腱の太さ・ふくらはぎの硬さと股関節痛と続編です。


アキレス腱とは

akiresu.jpg


膝から下(下肢)には、腓腹筋とヒラメ筋と呼ばれる筋肉があり

ます。これらが合わさってアキレス腱を構成しています。


アキレス腱はかかとの後ろにくっついている部分で、ふくらはぎ

から下にいくとだんだんと筋肉がほそくなっていきます。

この部分は炎症を起こしやすく、ハードなスポーツや長距離を走っ

りすると負荷が掛かりやすく痛みと腫れを生じたりします。


これがアキレス腱炎と呼ばれるもので、ハードなスポーツをしたら

起こると言はけでもなく、何も運動をしない方でも起こします。


例えば、先天的にかかとの後ろの骨が出ている。

そうするとアキレス腱が常に伸ばされているために、普通の人より

も炎症を起こしやすくなったりします。

また、アキレス腱は坐骨から始まる筋肉(大腿二頭筋)とつながっている

ため、ここの筋肉が硬いと、その下のふくらはぎ~アキレス腱まで硬くなる

ので、これが根本的な原因であることも多いと言えます。


アキレス腱炎は若年~30歳くらいの女性に多くみられます。

痛みだすと、もともと血行がよくないために改善に日数を要する場合が

あります。


対策として、インソールでかかとを少し上げてアキレス腱の距離を短く

し、負担を減らします。


この際、ハイヒールのような靴だと安定がよくないために効果は殆どあり

ません。


akiresust_03.gif

アキレス腱のストレッチを運動前後にしっかりするなどが自宅で対策と

なります。

当店では、坐骨~アキレス腱まで硬い場合、仙腸関節~膝関節~足関節まで手技で

柔らかくしていくことで二次的に坐骨~アキレス腱までの負担を減らし柔らかくします。



JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment