FC2ブログ
Welcome to my blog

膝の痛みと腰痛NO1

いつもありがとうございます。


股関節痛同様に膝の痛みで悩んでいる方も多く、

リハビリや痛み止め、あるいは膝にたまった水を抜いたり

膝にヒアロルン酸注入、、、など痛みを緩和する

ための治療を受けられていらっしゃいます。


膝に何らかの問題を抱えている方は全国で2000万

を越えていると言はれます。


膝と膝の間にあるクッションの軟骨や半月板は長い

年月をかけて少しずつすり減ったり傷がつきたりしていきます。


膝の痛みは中高年に多く見みられますが、痛みそのもは若いころ

からお仕事・生活習慣など膝にたいしてどれだけストレスをかけて

きたのかが、、現在の症状に大きな影響があると言えます。


ですので、変形性膝関節症などにみられる膝の諸症状は老化現象

とお考えの方も多い思われますが、実際は、膝の痛みは決して高齢者だけに

おこるのではなく、30,40歳台でも変形の膝関節痛に悩まされる方は多いと言えます。


原因としては、過度なスポーツ・お仕事で酷使・体重の増加による

膝への負担・運動不足により膝を支える筋肉の衰え

などと言はれます。

llust-09.gif



膝の痛みがあると、真っすぐに膝がのばせなくなったり、逆に曲げれなく

なくなったりします。

これは拘縮と言はれる現象ですが、こうなると痛みを避けるために出来る

だけ動かさず外出も控えるようになります。

そうすることで更に関節は伸びなく曲げれなくなってきたりしますので、

お風呂でよくあたためるたり、お灸で温める、軽いストレッチングで曲げ伸ば

しをするなど日々のセルフケアがとても大切になります。


ここで問題となるのは膝に何らかの問題を抱えている方の大半は、腰や

股関節にも問題を抱えていると言う点になります。

腰臀部・股関節と膝の痛みは切り離して考える事は出来ないと言えます。

太ももの前の筋が硬いと膝は反り気味になります。

逆に太ももの後ろの筋が下腿と膝を真っすぐのばせない、、

そのような姿勢・歩行になり膝の関節に負担をかけていくことになります。

太ももの前や後ろの筋肉が硬くなっている状態が続くのは、それらをつないで

いる関節が何らかの原因で硬くなっているからです。


腰(仙腸関節)・股関節にしても膝や足首の関節にしても、みな互いに連携し

影響を及ぼしあいながら身体のバランスをとっているわけであります。


どこか一か所の関節の不具合があると、それをカバーするため他の関節に負担や

無理な動きを強いられ、この状態が続けば本来柔軟性のある筋肉の弾力も失われ

身体によくない連鎖が生じます。。

このように腰回りが悪くなれば、当然のように膝に痛みがでる考えられます。

続く、、仙腸関節と膝関節について


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment