FC2ブログ
Welcome to my blog

気功における丹田

いつもありがとうございます。

気功における丹田について、

古来より受け継がれる健康法に腹式呼吸があります。

とても簡単で、鼻から息を吸い込み口から吐くのですが

その時、一杯吸い込んだ息を溜めるのにへその下にある

丹田(ツボ)に溜めるイメージで行います。


丹田(ツボ)とは

とは、生命のエネルギー

とは、エネルギーを作る場所

丹田は気(エネルギー)を溜め必要に応じて使う場所であると

言えます。


気功では、上丹田・中丹田・下丹田という考えがあります。

tadenn.jpg

1.上丹田は頭の中

2.中丹田は胸の中

3.下丹田はへその下

この三つにはそれぞれ役割があります。

精・気・神

この三つが下丹田・中丹田・上丹田に対応し

下丹田で精を充実させます。


精が充実すれば健康な体力となり病気になりにくく

気が充実していきます。


気が充実すれば精神力も強くなり、穏やかで心身と

もに安定してきます。


心身ともに安定すれば思想・哲学・科学など様々な分野で

活躍できる力が生まれる「神」ぽ呼ばれ状態になるのです。

続く。。。。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment