FC2ブログ
Welcome to my blog

東洋医学的な診断(顔色

いつもありがとうございます。

東洋医学的な診断(顔色)について

顔の色と東洋医学の五臓には相関関係

があります。

g_ozo.jpg


東洋医学の五臓(肝・心・脾・肺・腎)に対応

する色は

肝⇒青

心⇒赤

脾⇒黄

肺⇒白

腎⇒黒


となります。

具体的には心の不調があれば、顔色は赤くなる。

脾の調子が悪ければ黄色ぽい顔色になるといった

具合です。

普段の生活でも、友人や家族などに、顔色がよくない

けど大丈夫? 調子悪いの?など声を掛けた経験は

あるのではないでしょうか?

顔の色は、体の状態を如実に顕す事が多いため、体の

調子がおかしのでは?と直観的あるいは経験的に判断

すると言えます。


まずは、肝と青色について、

血管には動脈と静脈があります。

動脈は酸素や栄養を運び、静脈は老廃物(炭酸ガスなど)

を運びます。

このため、動脈は真っ赤で静脈は赤黒っぽい色をしています。

肝の機能が不調で汚れた血液(老廃物)を処理できなくなる

と血液の粘度もマシ循環もわるくなります。

汚れた血液は皮膚を通すと青色ぽく見えるため、それがより鮮明

になってきます。

さらに悪化すれば静脈がふくらみ血管が盛り上がってみえたりもし

ます。

このように、肝機能の低下は血液の循環やろ過機能に影響を与えるため

、皮膚の色(みけんなど)が青みがかってみえると言えます。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment