FC2ブログ
Welcome to my blog

東洋医学的な診断方法(爪 NO3)

いつもありがとうございます。

前回、前々回に続き爪についの

記事をご紹介致します。


爪の役目とは?

なぜ手や足に爪がついているのか

疑問に感じたことはないでしょうか?

或は、もし手や足先に爪がついてい

なかったら?


もし爪が手や足先になければ物を上手く

持つことが出来なかったり、足で踏ん張り

が出来なくなるため、上手く歩くことができ

ません。


物を持つ場合もそうなのです。


手で物を持つ際も、指の爪は後方から支えて

指が曲がらないようする役目があります。

このように爪は生活していくうえでなくてはなら

ないのです。

爪に色について

1:爪が白い

tumeshiro.png


爪は血液の状態を如実に顕わしているため、

爪の下に十分な血液の流れがないと言えます、

2:爪が赤い

通常、爪の下は薄いピンク色が理想ですので、

爪が必要以上に赤い場合は、血液が混濁し

血栓症などの予兆とも考えられます。

食生活の改善や適度の運動が理想です。

3:爪が紫色

tumemurasaki.png


紫色の血は血行障害が疑われます。

血液の循環が停滞しているため心臓など

に不調をきたしている可能性もあります。

一度、病院で診察を受けるのが理想です。

4:爪が黄色い

たばこを吸われている方がニコチンで爪が

黄色くなることもあります。

それ以外で、肝臓や胆嚢などの不調による黄疸

の可能性もありますので、早い目に病院を受診

しましょう。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment