FC2ブログ
Welcome to my blog

東洋医学的なチェック方法(五臓六腑)

いつもありがとうございます。


東洋医学的な診断について

内臓のことを五臓六腑と表現される

のを聞かれたこがある方も多いと思います。

gozo.jpg

この五臓六腑とは、

五臓:肝・心・脾・肺・腎

六腑:胆・小腸・・胃・大腸・膀胱・三焦

を指しています。

また、

肝-胆

心-小腸

脾-胃

肺-大腸

腎-膀胱


と言う関係もあります。

これは、五臓がしっかり健康的に機能して

いれば、六腑も調子が良いと言えます。

東洋医学で言う五臓は」基本的に現代医学の

解釈に共通しています。

肝臓・心臓・胃腸・肺・腎臓となります。

但し、六腑については若干解釈の仕方が違い

ます。

西洋医学ではわからない体調不良や慢性症状

でも、東洋医学では、どの臓器が弱っているか

を突き止め、改善法・養生法を決めます。

例えば、顔です。

肝⇒目
心⇒顔全体
胃腸⇒口
肺⇒鼻
腎⇒歯や髪


その顔色や下の状態をみればどの臓器

が不調なのかがみえてくるわけです。

目も悪いけど胃腸も、歯も悪い?

あちこち調子がよくない?と考えられる

方も多いのではないかと言えます。

これは、自然な事で、どれか一つの臓器だ

けが不調で後は絶好調!と言うことは

少なく、五臓はお互いに助け合い影響しあう

関係であるため、どこか調子がわるくなると

他の臓器にも影響してしまうからなのです。

続く、、