FC2ブログ
Welcome to my blog

東洋医学的なチェック方法 頬(ほほ)

いつもありがとうございます。


東洋医学的なチェック方法

以前、鼻周りの色(皮膚の状態)

について書きましたが、今回は

ほほ(皮膚の状態)について書い

みます。

akaragao.jpg


1.頬が(ほほ)が白い

血行がよくなかったり、貧血気味の

方は白っぽいほほになります。

また、酸素を運ぶヘモグロビンが弱く、

酸素を十分に運べないなどが原因なら

呼吸系が弱い事も考えられます

その他、皮膚の色を作るメラニン色素の

働きが弱い例も考えられます。


皮膚が白くメラニン色素を作る働きが

弱い方は、皮膚が過敏である場合が

多いと言えます。


2・頬(ほほ)が赤い色、赤みがかっている


頬が赤みがかっているのは血行がよく健康

であることが多いのですが、ほほがだけが赤く

全体が白っぽいなどは体調不良である事が

多いです。


例え、慢性的な病気、長期のストレスによる疲労

衰弱などがあげられます。

また、原因のよくわからない微熱なども起こります。

これも同様の原因で、体が疲弊しきっているため

体温調節が上手くいきません。

西洋医学では、自律神経失調症と呼ばれる範疇に

入ります。


頬が赤いのに唇が白っぽく、足腰が冷えたり、食欲

がなくなるなどあれば、先天の気(腎)と呼ばれる大元

のエネルギーが不足・生命力の低下と言えます。

逆に唇周り赤く、のどが渇いたり、皮膚が乾燥気味

であれば全身的な水分不足や水の流れが滞り気味

であるなどが考えられます。

続き、、、

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment