FC2ブログ
Welcome to my blog

東洋医学的なチェック法 歯

いつもありがとうございます。


東洋医学的なチェック法:

について

東洋医学ではは腎と、密接な

つながりがあると考えます。

「腎は髄を生じ骨をつかさどる。」
は骨の一部で、骨格が丈夫なら

も丈夫であります。


骨を丈夫にするには、カルシウムが

重要です。

hah.jpg


例えばサプリメントや食事などで、単

にカルシュウムを摂取したからといって

吸収されるわけではないのです。

肝臓と腎臓の働きによって、それらが

活性化される事で初めて可能になると

考えられています。

(骨に吸収されるには、肝臓と腎臓の
働きでビタミンD3を活性化する必要が
あります。)

五臓の腎の働きが良くなかったり、弱って

いると、いくらカルシュウムをとっても吸収

されにくいわけです。


腎は先天の気と呼ばれる、エネルギーを蓄え

ていますが、加齢や生活習慣などで浪費して

いきます。

腎の気が減少すれは、や歯ももろくなってくる

わけです。

所謂、老化現象は、東洋医学的には腎の気の減少なのです。

次回は、歯や歯茎の症状から東洋医学的なチェック

についてお伝えしていきます。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment