FC2ブログ
Welcome to my blog

正しい姿勢の座り方

いつもありがとうございます。

今日は座り方について、

腰痛や股関節・お尻や足に痛みや

シビレがあればとてもつらいです。

少しでも緩和させるつもりで運動など控えて

しいるのに痛みがが出てくる、、

例えば、特に多い訴えに自動車の運転

があげられます。

自動車の運転で症状が悪化するのでは

なく、自動車を運転する姿勢に問題があり

ます。

似たような姿勢では電車やバスなどもシートは

垂直になってなく、ややお尻を前にずらして座る

とすわり心地も良く楽なようにおもったりもします。

また、自宅や仕事などで椅子に座っている時にも

お尻やや前にすべらして背中を丸め気味に座っ

たりなどもです。


骨盤(仙腸関節)に問題がなく痛みや違和感などの

症状もなければ、それほど問題ではありません。

しかし、仙腸関節に機能低下が存在し痛み等の症状

をもたれていれば、注意が必要です。
shiseinaosu.jpg


一般的には、、

仙骨すわりと呼ばれ

○背中への負担が増し、腰の筋肉がツッパリやすく
痛みを誘発しやすい

○骨盤が傾斜が増し骨盤・背中・股関節などが運動
を妨げやすい

など問題と言はれています。

前述のように健康な皆さんが、仙骨座りを少々されても

特に問題はありませんが、骨盤(仙腸関節)にネジレが

機能の低下があれば、この姿勢を長時間しているだけで

お尻周りに痛みがでる、それ以外は痛みが出ない、、

と言う例もあります。



基本的には、背骨が真っ直ぐになり背もたれにもたれすぎない

のことで背骨の生理的なカーブが保たれやすく、骨盤帯(仙腸

関節)への過度の負担をかけることを防げます。

どうしても長時間車の運転が必要な際は、定期的に休憩をとる

ことで負担を軽減できます。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment