FC2ブログ
Welcome to my blog

姫路のなごみ(鍼灸)整体院

category: 腰痛  1/2

腰椎分離・すべり症

いつもありがとうございます。腰椎の分離・すべり症とは?腰椎分離症は、スポーツなどで脊椎の突起に圧力が加わって椎間関節と呼ばれる骨の一部が分離している状態です。分離症を起こしたすべての方が腰痛をこすわけではなく、痛みを全く感じない方もいらっしゃいます。分離・すべり症の多くは腰椎の五番目に起こります。腰の骨は5個ありますが、一番したにある骨が前のほうにずれてしまう状態になります。すべり症も分離症同様に...

  •  0
  •  0

老人に多い腰椎圧迫骨折

いつもありがとうございます。高齢で腰の曲がっている方など転倒の際に腰をうってなることもありますが、車の乗車時に少し揺れただけ折れたりすることもあります。また、検査で偶然発見されることも多いのが腰の圧迫骨折です。これは、腰の骨があっぱくされ潰れてしまう骨折です。これで腰痛が出る人もいれば、まったく痛みを感じない方もいらっしゃいます。骨が弱くて腰が曲がっている。腰の上あたりが曲がってこぶのよになってい...

  •  0
  •  0

腰の靭帯損傷とは?

いつもありがとうございます。意外に多い腰の靭帯損傷についてぎっくり腰と同様の症状で重いものをもって腰の靭帯に負荷が掛かり、靭帯が損傷することで痛みを生じます。特徴としては、腰の中心部(真ん中にある骨を押すと痛む)が痛みます。背中がまがるのは、椎骨(背骨)と呼ばれる骨が重なり合わさり、椎間関節と呼ばれる関節で連結されているためです。椎骨(背骨)をつなげているのが、椎体と椎弓の間にある椎間板と椎間円板...

  •  0
  •  0

大殿筋(お尻の筋肉)の疲労・炎症

いつもありがとうございます。お尻についてる大きな筋肉に大殿筋がります。お尻周りに痛みがある時には、大殿筋とよばれるこの筋肉が疲労炎症を起こしている場合があります。高齢者の方など、加齢とともに背中の筋肉(脊柱起立筋)が弱まり、まっすぐ立てなくなったり、背骨の変形による圧迫骨折で背中が曲がってくると、背筋を伸ばす時に使う脊柱起立筋が疲労を起こし、これを補助している筋肉(大殿筋)も疲労を起こしてしまいま...

  •  0
  •  0

膝の痛みと腰痛NO2

いつもありがとうございます。膝の痛みと腰痛の続きです。前回膝の痛みと腰痛は密接に関わり互いに影響を及ぼしていると解説致しました。腰が悪ければ、当然膝も痛くなる可能性が高いのです。例えば慢性的に腰の痛みを抱えている方は、どうしても前かがみ(前傾姿勢)になりがちになります。腰をやや丸めて猫背気味な姿勢で前のめりになると、自然に膝が曲がってきてしまいます。これは、前に傾きがちな体の重心を下半身で後ろにも...

  •  0
  •  0