FC2ブログ
Welcome to my blog

姫路のなごみ(鍼灸)整体院

archive: 2017年10月  1/1

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)

いつもありがとうございます。バレーボールやバスケットボール・サッカーなどの競技におけるジャンプ・接地・着地・ダッシュなどのように激しく動く運動スポーツに多い症状に膝蓋靭帯炎がります。激しく動くスポーツに多い障害であるために「ジャンパー膝」とも言はれます。坐骨神経痛でふともも周りが痛かったのに、翌日になると膝蓋靭帯がとっぜんいたくなったりすることもあります。ジャンプ時に大腿四頭筋と呼ばれる太ももの前...

  •  0
  •  0

寝違え 原因~症状・対処法とは

いつもありがとうございます。だれもが一度は経験がある寝違え、朝起きると首が痛くて回らない、ある方向に回すと痛くて動かない、、これは、長時間、不自然な姿勢で首をまわしていることで必要以上に伸ばされた筋肉が異常収縮を起こして炎症がおこり、その部分の血液の流れが悪くなることで筋肉が硬くなり痛みが出てきます。比較的多いのが僧帽筋や肩甲挙筋と呼ばれる筋肉です。通常、痛みは何種類かの筋に影響を与え痛みがでます...

  •  0
  •  0

腸脛靭帯の炎症(坐骨神経痛)の症状と対処法

いつもありがとうございます。膝の外側の痛みで膝が悪いのかな?と勘違いしやすい症状の一つに腸脛靭帯炎と呼ばれる症状があります。腸脛靭帯とは骨盤~太ももの横を通って脛骨と呼ばれる膝のしたの下側にある骨を結んでいる靭帯になります。靭帯の中では最長であり、この靭帯が大腿骨(外側膝の上の)と擦れ合うことで炎症がおきて痛みが起こります。特に変形性膝関節の方やO脚の方は靭帯と骨との摩擦が大きくなりがちであります...

  •  0
  •  0

ハムストリング・大腿二藤筋肉離れ

いつもありがとうございます。前回、ハムストリング・大腿二藤筋炎のご説明をさせて頂きましたが、今回に似たような症状であるハムストリング・大腿二藤筋の肉離れについて、、運動の最中や、ダッシュするなどハムストリング・大腿二藤筋に強い負荷がかかるような動作で起きやすく、この筋肉の真ん中あたりが部分的に断裂してしまう症状です。断裂があるかどうかの確認は方法は、うつ伏せに寝た状態で膝を曲げていきます。この時に...

  •  0
  •  0

ハムストリング・大腿二藤筋炎

いつもありがとうございます。坐骨神経痛と同様の症状の一つに大腿二頭筋炎がります。半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋をハムストリングと言います。ちょうど、ふとももの裏側にある筋で、坐骨と呼ばれる、椅子に座ると、あたる骨(坐骨)についているのが大腿二頭筋と呼ばれるものです。これらの筋が使いすぎや疲労などで炎症を起こして痛むのがハムストリング・大腿二頭筋と呼ばれるものです。よく体の柔らかさを確認する場合に立...

  •  0
  •  0

大腿四頭筋炎とは?

いつもありがとうございます。ふともとが張ったり痛かったりする場合は大腿四頭筋炎の可能性がります。ふとももの筋肉は大腿四頭筋と呼ばれ、体についている筋肉で最も強い筋肉の一つです。歩きすぎや立ち仕事なので知らず知らずにに踏ん張る力が継続することで痛みを生じる事があります。15歳くらいまでならオスグット病で、20歳前後までなら膝蓋靭帯炎を起こしやすく、年齢があがるほど中心部に痛みが現れることが多いのすが、一...

  •  0
  •  0

股関節の痛み(中殿筋と小殿筋炎)

いつもありがとうございます。股関節周りの痛みがある際に、股関節のやや上が痛くなることもよくあります。ちょうどお尻の部分になるのですが、腰痛がある場合も関連して痛みが出る場合が多いところです。これは中殿筋・小殿筋と呼ばれる筋肉で、もともと先天的に股関節脱臼がある方や何らかの原因で足を引きずる症状のある方によくみられると言うはれますが、それだけでなく慢性的な腰痛や膝や股関節の症状がある方にもよく現れま...

  •  0
  •  0

股関節の痛みと足の長さの違い

いつもありがとうございます。股関節の痛みや、変形性股関節のある方に多いのが足の長さの違いです。足の長さの違いと言っても、実際に足の長さが短くなったり、片側が長くなったりしているわけではありません。これは、骨盤帯の高さの違いや股関節の位置的な問題,、あるいは股関節変形でみかけ上の足の長さが違ってくるのですが、特に股関節の変形や動きのよくない方ほど足の長さの違いがよくみられます。1センチや2センチほどな...

  •  0
  •  0

アキレス腱の太さ・ふくらはぎの硬さと股関節痛

いつもありがとうございます。股関節は膝や足関節などと連動して働きますので股関節の不調が他の関節に及ぶ場合もあります。例えば股関節痛があれば歩く際に足を上手くけり出せなかったりします。本来は、股関節を後方に動かして足を上手くけり出して前に進みますが、これが上手くいかないためアキレス腱を強く使い前に進もうとします。このとき使われる筋生がふくらはぎです。ふくらはぎはヒラメ筋・腓腹筋と呼ばれる筋が合わさっ...

  •  0
  •  0

股関節の痛みと歩行

いつもありがとうございます。股関節の痛みがあれば筋力が低下しているのでは?とお考えになられる方もわりにいらっいますが、実際に筋力が低下して痛みが出ていることはマレであります。では、歩くにはどれくらいの筋力が必要なのでしょうか?筋力の評価法のMMTと言うのもがあります。これは、五段階評価で筋力の評価します。0~5までで、0は活動無し 視察・触知によっても筋肉の収縮が確認できないレベルで、5はノーマルで正常...

  •  0
  •  0

仙骨すわりと股関節・腰の痛み

いつもありがとうございます。股関節の痛みや腰痛でお悩みの方で、痛みが増すのは、どのような姿勢かお尋ねすると、比較的多いのが車や電車・バスなどに乗っていると痛みを増すと言はれるケースがあります。車や電車にどうやって座っているのでしょうか?あまり考える方はいらっしゃらないと思います。クッションも座り心地もよく快適であると思われる方が多いのですが、実際には良い姿勢で座る事が難しく仙骨座りと呼ばれる、あま...

  •  0
  •  0

ヒトの重心と股関節

いつもありがとうございます。重心とよ呼ばれる言葉を聞かれてことはあるかと思いますが、人の重心とは?人の重心の定義は「頭部・体幹・四肢の各部分の重量の中心をもとめ合一して得られたもの」となります。ややこしいいですが、大まかにはヘソの下、ツボで言えば丹田のあたりとなります。女性の重心の位置は男性に比べるとやや低くなります。これは、男性と女性の骨盤形状の違いによります。女性の骨盤は男性に比べて、広くて浅...

  •  0
  •  0