FC2ブログ
Welcome to my blog

姫路のなごみ(鍼灸)整体院

archive: 2014年03月  1/1

突発性難聴で緊張する筋肉

突発性の難聴になれた方に共通しているのが難聴を生じた側の首回りから肩にかけての筋肉の緊張(硬くなっている)点ではないでしょうか。このあたりは個人差もあり、右と左首回りの太さが目視だけでわかる方や、触ってみてわかる方などですが、いずれも難聴を生じた側が張っています。難聴を起こした側の頭頸部~肩にかけて疲れが蓄積しているとも言えます。今回、ご紹介するのは耳の後ろから首の横を通り鎖骨付近についている胸鎖...

  •  0
  •  0

3月24日(月)営業時間

No image

いつもありがとうございます。3月24日(月)営業時間は午前のみ午後からはお休みとさせて頂きます。宜しくお願い致します。...

  •  0
  •  0

3月23日(日曜日)の営業時間

No image

いつもありがとうございます。3月23日(日曜日)営業時間は、午前9時から午後3時までとなっております。宜しくお願い致します。...

  •  0
  •  0

腰痛に使う鍼について

前回の続き、、腰痛に使う鍼ですが、基本的に鍼が苦手な方には整体のみで対応していますので、鍼は使用しません。鍼が苦手でない方には、関節の血行を良くするために合計で5~10本程使用する事が多いです。東洋医学で言う気の流れをよくするのも広義の意味で同じです。前回、記述したようにある程度限定的な痛みの場所で急性の場合など。そして、体系的に華奢でなく冷え性等なければある程度まとまった本数(20本~30本)は...

  •  0
  •  0

3月21日(祝日)の営業時間

No image

いつもありがとうございます。3月21日(祝日)の営業時間午前9時~午後3時までとなっております。宜しくお願い致します。...

  •  0
  •  0

3月16日(日曜日)予約状況

No image

いつもありがとうございます。本日、午後2時半から空きがございます。明日以降のご予約は受付しております。ご連絡(メール・電話)何れでも可能です。以上、宜しくお願い致します。...

  •  0
  •  0

腰痛に使う鍼について

前回、突発性難聴に使い鍼をご紹介いたしましたので、今回は腰や臀部の痛みに使い鍼についてご紹介します。鍼と聞くとイメージとして腰痛や肩こりが浮かぶのが一般的であると言えます。たしかに、当店でも腰痛や臀部に痛み等によく使用します。鍼を刺すことで筋肉がゆるみ、血行がよくなるので、腰の痛いのが緩和する、、、これは間違えではなく、その通りなのですが、腰でも、使い痛みや、特定の痛む場所がハッキリしているとよく...

  •  0
  •  0

3月16日(日曜日)営業時間

No image

3月16日(日曜日)いつもありがとうございます。営業時間は午前9時~午後2時30分までとなっております。宜しくお願い致します。...

  •  0
  •  0

突発難聴で使う鍼

今回は突発難聴で使用している鍼について突発難聴の鍼治療においても、鍼灸院によって使用するツボや手技の手法は異なります。そうはいってもよく使用する(代表的な耳のつぼ)場所は共通しています。最も違うのは、使用する鍼の本数ではないかと言えます。1~2本だけしか使わない鍼灸院もあれば、全身に数十本使用するところもあります。どちらが優れた治療法かは、比べようがありませんので、その本人の体質に合うか?改善されて...

  •  0
  •  0

顔面麻痺の後遺症について

No image

今回は麻痺の後遺症について突発難聴も麻痺も同じような原因でなったりするのは、前回書いたように、内耳と顔面神経が同じように経路にあるため互いに影響を受けやすいと考えられているからなのですが、違いは、麻痺の場合第三者にも、わかってしまう事が多いのです。また、大小は別にすれば後遺症を残すことも多く、上記理由から精神的なストレスも多いと言えます。では、どのような後遺症を残すか?共同運動や拘縮などが代表的な...

  •  0
  •  0