FC2ブログ
Welcome to my blog

姫路のなごみ(鍼灸)整体院

category: 突発的な難聴  1/3

突発性難聴における耳のつまり感(閉塞感)

いつもありがとうございます。突発的な難聴は若年層から中高年まで年々、症状を患う方も多くなっています。年齢ですと、10代でもなります。一般的にはステロイドで入院または通院治療で1週~2週間でその後は、ビタミン薬など投与で経過観察となります。その間に改善すれば問題はありませんが、改善の程度が低かったり、あるいは当初を殆ど変わらなかったりもします。耳の聞こえが低下するだけでもつらいのですが、後遺症で耳鳴り・...

  •  0
  •  0

突発性の難聴の再発は?

いつもありがとうございます。年間4万人、近くが発症する突発性の難聴の再発について、、一般的に突発性難聴の再発はないとされます。また、再発する場合は現代医学では突発性難聴とはいいませんが、少数ですが再発をする場合があります。再発される方は、数年の間に何回かされたり、あるいは年間に何回かなったりされます。症状は、耳の閉塞感・耳鳴り・難聴などで、投薬や鍼灸などで回復はするものの、数ヶ月~数年でまた発症し...

  •  0
  •  0

突発性難聴の発症率は?

いつもありがとうございます。年々、患者さんが増えている病気の一つに突発性難聴があります。難聴と聞けば、加齢によるもの、、お年寄りの方がなる病と考えがちで突発性難聴に関しましては、そういうわけでなく若年~中高年の皆様まで煩われる疾患であります。突発性難聴の発症率についてピークは50歳前後が多いのですが、20歳~30歳前後と 70歳前後では同程度の発症率であります。高齢者では加齢による内耳の退行変性を加味...

  •  0
  •  0

耳鳴り・難聴・めまいと東洋医学

いつもありがとうございます。よく原因がわからない症状に耳鳴り・難聴・めまいがあげられます。老人性あるいは脳中枢に確定的な原因がある以外は殆ど原因がよくわかっていないと考えられています。そのため、多くは原因不明内耳性疾患の範疇に入るわけです。東洋医学で、耳と密接に関係があるのが腎になります。これは以前にもブログで紹介させて頂きました。「腎の華は髪にあり、耳に開竅する」とあります。腎の気が減ると耳鳴り...

  •  0
  •  0

突発性難聴とよく似た病気NO2

No image

いつもありがとうございます。突発性の難聴とよく似た症状で国内における総患者数が10万人近く、、と推定されているメニエル病について。特に若い女性に多く、近年は低年層(中高生)にもみられるようになっているとされてます。実際10万近くも罹患されているのかどうか?疑問もありますが、似たような症状で悩まされていらっしゃる方が多いのは事実です。メニエルも突発難聴同様に原因がよくわかってなく、ストレスと相関関係がる...

  •  0
  •  0