FC2ブログ
Welcome to my blog

姫路のなごみ(鍼灸)整体院

category: 東洋医学  1/8

膝の痛みとツボの効果

いつもありがとうございます。膝の痛みで悩まれていらっしゃる方がの多くが変形性膝関節症とよばれる関節軟骨が加齢とともにすり減る事で起こる症状であると言はれています。膝の不調な時には鍼灸などを受けられるのが、副作用もなくいいことですが、自宅でも出来るツボ刺激法をご紹介いたします。特に膝に水が溜まりやすいやすい方にはお勧めしたいのがお灸です、膝の炎症が続くと膝に水が溜まってくるのですが、お灸は膝の痛みを...

  •  0
  •  0

気の乱れと水に問題のある頭痛

いつもありがとうございます。気の乱れからくる頭痛・水に問題のある頭痛について例えば、仕事が上手くいかないや仕事上での人間関係が上手くいかない。あるいは、家庭内や子供のことで悩みがある、、、など、不安やイライラして興奮して、頭痛がするのは、いわゆる自律神経の乱れで、これを東洋医学では「気」の乱れと考えます。自律神経が乱れると頭が冷えて頭痛がしたり、その逆で頭が上せて頭痛がしたりします。頭に血が上って...

  •  0
  •  0

風門(風邪ひき予防)のツボ

いつもありがとうございます。秋の気配になってきた今日この頃ですが、寒さとともに風邪気味になったり、実際風邪を引いてしまったかたも多いのではないでしょうか?東洋医学では、風邪(ふうじゃ)と呼ばれる邪気が風門(ふうもん)と呼ばれるツボから侵入し、咳・微熱・頭痛など風邪の諸症状を引き起こすと考えます。風邪の引き初め、背中がぞくぞくする、寒気を感じることはよくありますその寒気を感じる背中のところに風門のツ...

  •  0
  •  0

気持ちがおちつくツボについてNO2

いつもありがとうございます。前回気持ちがおちつくツボについて解説しました。今回はその続編となります。壇中(だんちゅう) と 至陽(しよう)と呼ばれるツボがります。壇中(だんちゅう)は胸の真ん中にあるツボになります。ツボの場所からでもわかるように下には心臓や肺があります。この場所は、東洋医学では「気」の集まる場所と考えられています。そのため、「気の不調」を改善するのによく使うツボとなります。例えば、...

  •  0
  •  0

気持ちがおちつくツボについて

いつもありがとうございます。よく皆様からのご質問の一つに心が落ち着くようなツボ・ぐっすりと眠れるようなツボを教えてほしいと言う要望があります。心の不調に悩んでいる方にツボは効果がないのでは?と考えられるかもしれませんが、案外そうでもなく、むしろ鍼灸を受けて、結果的に改善したと言っている方のほうが多いと言えます。不安やストレスがたまり体が緊張し、自律神経のバランスが崩れ不調に陥って、心が乱れていきま...

  •  0
  •  0