ふくらぎ・アキレス腱の硬さと股関節の痛み

2018.05.16.15:39

いつもありがとうざいます。


股関節に痛みや拘縮(筋肉が硬くなる)があると

上手く足を蹴り出して歩きにくくなります。


本来は立脚後期に、股関節を伸展させ、脚を蹴り出して

前に進みますが、これが上手くできなくなるために、歩幅

が狭くなり、足関節底屈で代償して前にすすもうとします。


股関節 痛み 拘縮


足関節底屈:ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋が働くことで
足の関節が足裏に方向に曲がる動き



足関節の底屈


この際に使われる筋がふくらはぎです。

ふくらはぎは、ヒラメ筋や腓腹筋という筋肉があり、その二つが

合わさり下腿三頭筋になりアキレス腱もこの一部になります。


歩行の際に前に進むだけの動きでは、この筋肉は補助的に使わ

れることが本来の働きであるために足の関節を蹴り出して使うのは

良い歩き方とは言えません。


このように歩き方をするとふくらはぎやアキレス腱が太くなり弾力がなく

なってきます。

そうすることで左右のふくらはぐ~アキレス腱にかけて筋肉が太くなり弾力

もなくなり、痛みや違和感でることがあります。

また この状態で長期経過すると左右のふくらはぎの太さの違いが目視でわかるく

らいになる事があります。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

comment

Secret

プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR