腸脛靭帯の炎症(坐骨神経痛)の症状と対処法

2017.10.25.13:33

いつもありがとうございます。


膝の外側の痛みで膝が悪いのかな?と

勘違いしやすい症状の一つに腸脛靭帯炎と呼ばれる

症状があります。

cyoukeienn.jpg



腸脛靭帯とは骨盤~太ももの横を通って脛骨と呼ばれる

膝のしたの下側にある骨を結んでいる靭帯になります。

靭帯の中では最長であり、この靭帯が大腿骨(外側膝の上の)

と擦れ合うことで炎症がおきて痛みが起こります。


特に変形性膝関節の方やO脚の方は靭帯と骨との摩擦が

大きくなりがちでありますから炎症を起こしやすく、また

陸上競技でマラソンランナーなどにも起こりやすいと言えます。


確認方法はグラッピングテストと呼ばれるものがありますので

膝や半月板(外側)の痛みとの識別ができます。

cyoukeijinntai.jpg


対処方法は、冷却・鍼灸などになりますが、痛みを起こさない

ためにも運動前後に十分なストレッチが大切です。

運動する前と運動後に上記図のように腸脛靭帯を伸ばしてあげる

ことで腸脛靭帯炎を防ぐ事ができます。

方法は上記2種類何れでもOKです。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/

comment

Secret

プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR