膝の痛みと腰痛NO2

2017.09.07.11:06

いつもありがとうございます。


膝の痛みと腰痛の続きです。

前回膝の痛みと腰痛は密接に関わり互いに

影響を及ぼしていると解説致しました。


腰が悪ければ、当然膝も痛くなる可能性が高いのです。

例えば慢性的に腰の痛みを抱えている方は、どうしても前かがみ(前傾姿勢)

になりがちになります。

riumachi_illus_2.png

腰をやや丸めて猫背気味な姿勢で前のめりになると、自然に膝が曲がって

きてしまいます。


これは、前に傾きがちな体の重心を下半身で後ろにもっていくことでバランスをとろう

とするため、膝が曲がってきます。


膝が十分に伸びきらない姿勢で歩くと膝関節の軟骨がひっかかりやすくなったり、O脚が

進みやすくなったりします。

sorihaza_2.png


膝が伸びない屈曲拘縮や膝が伸びすぎる反張膝になり膝の痛みやO脚がすすむのは、

膝が伸はしにくくなる力や、膝を必要以上の伸ばそうとする力が働いているからです。


この力があると筋肉は硬くなりやすく股関節・膝関節に無理な動きや負担が強いられ

膝関節の軟骨の摩耗や痛みが更にすすみやすくなります。

この原因となるのは骨盤にある仙腸関節です。

続く、、

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/

comment

Secret

プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR