突発性難聴における耳のつまり感(閉塞感)

2017.08.30.09:41

いつもありがとうございます。

突発的な難聴は若年層から中高年まで

年々、症状を患う方も多くなっています。

年齢ですと、10代でもなります。


一般的にはステロイドで入院または通院治療

で1週~2週間でその後は、ビタミン薬など投与で経過観察となります。


その間に改善すれば問題はありませんが、改善の程度

が低かったり、あるいは当初を殆ど変わらなかったりもし

ます。


耳の聞こえが低下するだけでもつらいのですが、後遺症で

鳴り・音割れ・耳が詰まった(閉塞感)など、気分が滅入るよう

症状が残ることも多くあります。

今回とりあげるのが耳が詰まった感じ(閉塞感)です。

Sternocleidomastoideus.gif


突発性の難聴は左右の耳いずれかが発症しますが、発症した側

の耳周りから頸部(首回り)にかけて、凝りが(筋肉が硬くなる)が

見られます。


疲れストレスなどで胸鎖乳突筋と呼ばれる筋肉やそのまわりが硬くなるり、体力・免疫力

が低下すると耳官と呼ばれる、耳から喉につながるトンネルが正常機能が失われコモッタ感

がしますので、疲れを蓄積せず、このあたりの筋肉を早期に柔らかくすることが大切になります。

鍼灸で改善させる際には、ポイントがいくつかありますのでそこを使います。


突発難聴を発症しなくても、疲労が溜まるとコモッタ感がする方もよくいらっしゃいます。

その場合は、ストレスや疲れが蓄積して首周りの筋肉が硬くなっていますので

胸鎖乳突筋と呼ばれる筋を自宅マッサージで柔らかくし、疲れを溜めずしっかり睡眠を

がとる事が改善への早道となります。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/

comment

Secret

プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR