気持ちがおちつくツボについてNO2

2017.08.24.14:11

いつもありがとうございます。

前回

気持ちがおちつくツボについて

解説しました。

今回はその続編となります。

壇中(だんちゅう) と 至陽(しよう)と呼ばれるツボがります。

dancyuu.jpg

壇中(だんちゅう)は胸の真ん中にあるツボになります。

ツボの場所からでもわかるように下には心臓や肺があります。

この場所は、東洋医学では「気」の集まる場所と考えられています。

そのため、「気の不調」を改善するのによく使うツボとなります。


例えば、ストレス・精神的は疲れで気が病んでいるのではないかと

思われる方なら、このツボを軽く指圧するだけでも激痛が走るほどの

鋭い痛みを感じたりします。


人間関係や仕事などの疲れで精神的にも不安定になり胸が詰まるように

息苦しさを感じるなら、ここをご自身で指圧しましょう。


指圧の痛みがつらいなら、市販の千年灸などをすえるだけで気持ちが

穏やかになってきたりします。


精神的にもおちついて元気な時はこのツボを指圧しても痛みをあまり

感じたりはしませんが、壇中(だんちゅう)を押さえて痛みを感じるようで

あれば、心身の疲労が溜りかけているサインだと言えますので、身体を

労わることも必要です。



至陽(しよう)と呼ばれるツボはちょうど壇中(だんちゅう)の後ろに位置して

います。壇中とは関係の深いツボでありますので、ここを温めると心身とも

安らぎます。



その他、有名はツボでは百会(ひゃくえ)があります。(頭のてっぺん)

このツボは万能ツボで、様々な症状によくもちいるツボです。

精神的な疲れによるストレスで交感神経が緊張し血流が悪くなり、ここを

押さえるとプヨプヨ感(むくみ)がでる事があります。

ここにも指圧やお灸をすることで、頭がスッキリし疲労がとれたりします。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/

comment

Secret

プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR