東洋医学的な診断法(髪の毛)

2016.06.15.16:10

いつもありがとうございます。

前年に東洋医学的な診断で

髪の毛について取り上げましたが

その続編を解説していきます。



豊かな髪はホルモンを分泌するのが東洋医学の

であります。

が衰えるとホルモン分泌が低下

し、髪の毛もつやがなくなり白髪・抜け

毛なども目立つようになります。


加齢とともに腎の気が低下し、白髪な

どが目立つのは生理的な現象である

のですが、若年で目立つ場合は、健康

面など自己管理に注意が必要であると

いえます。

髪の毛の質につて

20091102_01.jpg


髪の毛が細くなってくるのは、上記の解説通り

加齢とともに腎の気が劣れてくるのが一つの原因で

あると考えられます。

若い人で薄い髪の毛が目立つようになるのは、腎の

衰えでありますが、その原因が偏食・寝不足・栄養

失調・ストレスなどによるものなら、これらを改善す

る事でコシのある髪に戻ります。

wakahage.jpg


また、若年でのハゲは遺伝的なもの以外、食生活に

関連が深く脂肪分の多い食生活を避ける必要が

あるといえます。

続く

comment

Secret

プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR