股関節の痛みと脚長差

2018.06.17.10:16

いつもありがとうございます。

股関節周りに違和感や痛みがある方の特徴の一つとして

足の長さの違いがあります。(脚長差)

脚長差



股関節の変形や股関節周りの筋肉が硬くなりすぎている方で

は、はっきりとわかる脚長差がでやすくなります。


先天的なものや股関節の置換術等を省くと、仙腸関節と呼ばれる

骨盤帯にある関節の可動域(動きの低下)や捻じれなどが原因と

なります。


一般的に、この足の長さの違い(脚長差)に対して中敷きや補高(靴

の底の高さを補う)で対応します。

また、2~3センチ程度なら殆ど身体に影響がないので、痛みや違和感が

酷くない限り何も対処が行われないこともあります。

中敷・補高


例え、中敷や補高で見かけ上の足の長さを合わせたとしても足の長さが

同じになるわけではなく、また正常な歩き方ができるわけではありません。


見かけ上の足の長さを合わせると、これまでも足腰の筋肉の使い方だけでなく

股関節や膝関節に負担が掛かり、これまでにない違う痛みを感じることもよく

あります。


そのため中敷きや補高をほどこした場合には筋肉や関節の使い方を再教育

していく必要があります。


根本的に、重心のとり方自体に問題があるために、これを解決しなければ完全

に痛みや違和感が解消する事が困難でありますので、これを解消する事が脚長差

や股関節の痛み違和感を改善する唯一の方法と言えます。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

大殿筋(お尻の筋肉)の疲労・炎症

2018.06.04.10:06

いつもありがとうございます。


お尻についてる大きな筋肉に大殿筋がります。

お尻周りに痛みがある時には、大殿筋とよばれる

この筋肉が疲労炎症を起こしている場合があります。

脊柱起立金



高齢者の方など、加齢とともに背中の筋肉(脊柱起立筋

が弱まり、まっすぐ立てなくなったり、背骨の変形による

圧迫骨折で背中が曲がってくると、背筋を伸ばす時に使う

脊柱起立筋が疲労を起こし、これを補助している筋肉(

大殿筋)も疲労を起こしてしまいます。

大殿筋炎



大殿筋の疲労炎症は過度に負担が掛かった使い痛みに

とも言えますので、高齢者だけでなく、この筋肉をよく使う

スポーツ選手などによくみられる症状です。


注意しなければいけないのは、胸椎12番と腰椎1番の圧迫

骨折による関連痛によって痛みがでる場合もあり、また、内臓

(結石)に異常がある場合
も痛みがでたりする事がありますので、

十分な注意が必要です。

胸腰椎移行部の関連痛


また、腰痛の際にも関連痛として痛みがよくでます。

神経支配的には腰椎4番目と5番目(ヘルニアや脊柱間狭窄が起こり

安い部位)ではなく、胸椎12番と腰椎1番目の椎間関節痛になります。

実際には、内臓からの痛みは各種検査で判明できますが、それ以外は

仙腸関節からの関連痛である場合が殆どと言えます。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック
プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR