FC2ブログ

腱鞘炎(ドケルバン病)の症状・原因・改善法

2018.02.21.14:22

いつもありがとうございます。

手首をよく使い方うお仕事の方や産後や更年期
でも生じるのがドケルバン病 と呼ばれる腱鞘炎です。

ドケルバン病(痛いところ)


部位は手首の親指になります。

手が痛いと腱鞘炎では?と想像されますが、本当の

意味の腱鞘炎でドケルバン病と別名までついています。



症状は

手首を小指側に回す動作やタオルを絞るような動作で親指側

に痛みが生じます。

親指には親指を広げる作用のある長母指外転筋と親指を真っす

ぐに伸ばす作用のある短拇指伸筋とが腱鞘と呼ばれる親指手首あた

りにあるトンネルを通っています。

腱鞘炎(短拇指伸筋腱・長母指外転筋腱)


このトンネルの中で長母指外転筋と短拇指伸筋が擦れ合うことで炎症

が起こりトンネルの通り路が狭まったり、長母指外転筋腱と短拇指伸筋腱

が擦れ合うことで痛みや腫れを生じる症状です。


確認法

フィンケルシュタインテスト

フィンケルシュタインテストと呼ばれる方法で痛い側の手で最初に親指をまげ

た状態でグーを作ります。

この状態で、小指側に手首を曲げた際に痛みが増せばドケルバンの可能性が

あります。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

ばね指・弾発指

2018.02.15.08:24

いつもありがとうございます。

手をよく使う中高年の方(女性に多い)症状に

ばね指・弾発指がります。


特に親指・中指などに発症することが多い症状で、

ゆびを曲げると戻らなくなったり、逆に伸ばすと曲げ

られなくなったりします。


ゆびを伸ばそうとするとカクンと跳ねるような現象が、典型的

な症状であります。

ばね指・弾発指


このためにスナッピンングフィンガーと呼ばれたりします。

これは、指を曲げる時に使う筋が腱鞘と呼ばれる筋が通るトンネル付近で

炎症が起こり、トンネルの穴が狭まり筋が上手く筋が通れなくなることで起こります。

そのため指の曲げ伸ばしがスムースに行えなくなります。


原因は主に使い過ぎによるものですが、更年期の女性に多く、リュウマチや

出産後に生じたりもします。


改善法

基本は手をつかわないようにすること(安静)です。

ギブスやテーピングなどで指の曲げなばしができないようにします。

再発を繰り返す際には病院で手術の選択もあります。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

上腕骨肘頭窩炎とは?

2018.02.08.10:28

いつもありがとうございます。


野球の投手(ピッチング)やボーリングのように腕を反復

して伸ばす方に多い障害に上腕骨肘頭窩炎がります。

上腕骨肘頭窩炎


上記の図のように肘を伸ばすと肘頭が上腕骨にぶつかる

事を繰り返すことで骨の一部が変形し、一部が骨の棘の

ように変形する(骨棘)が出来たり、骨の一部が欠けて関節

の中に遊離することで痛みを生じます。



確認法は?

手のひらを上にして内側に曲げたときに、痛みを

生じる部分(肘頭窩)をおして痛みがあれば上腕骨肘頭窩炎

の可能性があります。


改善法は?

基本的に肘頭の圧痛が消失するまで安静にします。

その他、鍼灸治療・電気治療、温熱療法、赤外線(近・遠)、レーザー光線など

ある程度痛みが消失すれば筋力低下を防ぐ筋力トレーニングが必要です。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

上腕骨内上顆炎(ゴルフ肘)の改善法

2018.02.04.15:00

いつもありがとうございます。

上腕骨内上顆炎(ゴルフ肘)の改善法

一般的には、

syujkon_k_03_03.gif

1.安瀬
基本的には使い痛みである可能性が高いために、腕や手首の動きを
ひかえ、安静にします。

2.消炎鎮痛剤
患部に塗り薬や湿布などの消炎鎮痛剤で炎症を抑えます。

3.物理療法
低周波や干渉波などでの電気治療

4.注射
痛みが強すぎてるなど炎症が酷い場合、病院ではステロイドやブロック
注射が用いられます。

5.テーピング
ある程度改善してきたらテーピングで痛めた筋肉をサポートします。

9.鍼灸治療
痛みのある上腕骨内上顆だけでなく痛めた筋肉全体に鍼灸を施すことで
血流を改善率が大幅にアップします。

10.筋トレ・ストレッチング
安静が長期に及ぶと筋肉た短縮したり萎縮してきますので、強い痛みが
出ない程度にストレッチングで伸ばしていきます。

※実際には、ゴルフやテニスだけでで起こることもありますが、日常生活でも
二次的に上腕骨内上顆に負担が掛かることで起こります。
上腕骨や患部側の肩甲骨周りの筋肉が硬くて、動きがよくな状態では、ここへの
負担も掛かりやすいため、内上顆に炎症が起こりやすくなります。

そのため、施術では、ここだけを施術するだけでなく、上腕骨・肩甲骨・背骨周りの
筋肉・関節の動きを改善させていくことが大切になります。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック
プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR