FC2ブログ

仙腸関節

2015.11.30.18:34

いつもありがとうございます。

身体の歪みのもととなる仙腸関節
について解説します。


一般的には骨盤の歪みや骨盤の矯正

と言はれています。

実際には骨盤にある大きな関節(骨と
骨のつなぎめ)に何らかの機能低下が
起こる事で、スムーズに関節が動かなく
なります。

骨盤にある2つの関節にうち

片側が正常に動かない状態であると

正常に動いている側をよく使う事になり

ます。

これが代償運動の一つで、例えば

左の骨盤がおかしければ、右側をよく使います。

右を使うと言うことは、体のバランスは右へ

移します。

これは、重心の位置を右を移動することを意味

します。

人間の重心はヘソの下にありますが、それがやや

右へ移動することになります。

右へ移動すること自体は問題がありませんが、この

状態が半年~1年、あるいは数年経過すると、真っ直ぐ

たっているようで、体が右へ流れるからです。

右へ流れるのは右で重心をとるだけでなく、経過期間

に応じて骨盤の上にのっかている柱である背骨に変形

(自然矯正)が入ることによると言えます。

仙腸関節の機能や構造は←をクリックください。

11月連休(22日.23日)の営業時間

2015.11.16.18:05

いつもありがとうございます。

11月22日 23日(祝日)の営業時間

11月22日(日曜日)
午前9時~午後8時まで営業

11月23日(祝日)
午前9時~午後3時まで営業

上記となります。

宜しくお願い致します。

※都合により変更有

冷やす?温めるどっち?

2015.11.08.11:17

いつもありがとうございます。



腰の痛みなどが起こった際

冷やしたらいいのか?

それとも温めたらいいのか?

迷われる事も多いと思います。


諸説存在しますが、

当店では慢性腰痛⇒温める
yutannpo.jpg


急性腰痛(ぎっくり腰)⇒冷やす

aishingu.jpg

ことを推薦しています。


慢性腰痛からぎっくり(急性腰痛)の

際も冷やすことを推薦しています。


基本的に冷やす事で治療効果は殆ど

ないのですが、筋肉・靱帯など痛みの

強い部分には炎症が起こっていますので

その炎症を抑え、炎症範囲を広げないた

めにアイシングなどで冷やす事が理想です。


慢性的な痛みの際は、患部の血行をよくして

あげます。

温めることで、血液の循環がよくなります。

痛みを発してい部位を修復してくれるのは酸素や

栄養を運び、老廃物を流してくれる血液です。


理学療法などではホットパックやマイクロ波など

の温熱機を使用しますがが、自宅では難しいの

で、湯たんぽなどがあれば理想的であります。

敷き電気毛布で腰痛が酷くなったりする方が少数

いらっしゃるので注意が必要です。

プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR