FC2ブログ

年末年始のお知らせ

2014.12.22.10:01

いつもありがとうございます。


年末年始の営業時間のお知らせ

2014年

12月31日(水曜日)は午前のみ営業


2015年

1月1日(木曜日)~1月4日(日曜日)まで休日

1月5日(月曜日)より通常営業となります。

宜しくお願い致します。

東洋医学的なチェック法(鼻)

2014.12.17.16:03

いつもありがというございます。

前々回に続き今回も鼻に関わる

東洋医学的なチェック法をご紹介

致します。

1.鼻血
東洋医学的には肝と深いかかわりが

あると言えます。
daisyou.jpg


例えば鼻血だけでなく、疲れやすい

目も充血気味なら、肝のツボである

大衝を刺激して、肝の気のめぐりを

よくしリラックス出来る時間を多めに

とりましょう。

また、胃腸が弱いと組織への栄養供給

が不十分であるため、毛細血管がもろく

少し鼻を触ったり、ほじったりするだけで、

血がにじんだりもします。
kiseru.jpg


鼻の内側にはキーセルバッハ部位を呼ば

れる薄く出血しやすい部位があるため、

出血傾向のある方は注意が必要です。

2.鼻が良く詰まる。

花粉症や蓄膿症など鼻が詰まると酸素を

十分に体内から各組織へ吸収できないため

軽い酸欠状態になります。

鼻など呼吸器粘膜系の弱い方は胃腸の状態

がよくない事が多いため、食事など注意を払い

、漢方などの専門家へ相談し早期に胃腸などの

症状を改善させるのは早道です。

3.鼻水の色

鼻水が濃いと体に熱があり鼻水が薄いと体が冷

えている事が多いと言えます。

東洋医学では風邪(ふうじゃ)が体内に入り込むの

に皮膚から体内に入り込むか、口や鼻から入り込む

と考えます。

皮膚から風邪が入れな、悪寒がして薄い鼻水が、口

鼻からなら粘膜が侵され、痛み熱がでます。

そのため体内の水分が減り粘り気のある鼻水がでます。

鼻水が黄色いのはウイルスや細菌などの死骸が含まれ

ているからです。

続く、、

大前研一氏の本ご紹介

2014.12.05.19:39

いつもありがとうございます。

今日は、大前研一氏の本を一冊
ご紹介したいと思います。

oomae.png


もともとコンサルタントとは全く畑違い
のエンジニアが出発点で、現在では多岐に
渡りご活躍されている大前氏です。

大前氏の書籍を初めて読んだのが、もうか
れこれ17~18年前です。

もう廃版になっていると思いますが、
当時の題名が「サラリーマンリカバリー」と
言う題名だったと記憶しております。

その後は数冊読んできましたが、今回ご紹介
するのはザ・プロフェッショナルです。

ビジネスマンだけでなく企業家も含め、時代を
読み解く、スキル・先見性の重要性など、大前氏
ならでの含蓄に富んだ解説が楽しめます。

氏の自慢話的なところも一部あるのですが、これ
は大前氏の本全体に言える事で、それが好きか
嫌いか別れる、、、と思います。

しかしながら、大前氏の行動力や実績を鑑みれば
納得できる一冊といえるでしょう。


プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR