正しい姿勢の座り方

2014.09.30.17:34

いつもありがとうございます。

今日は座り方について、

腰痛や股関節・お尻や足に痛みや

シビレがあればとてもつらいです。

少しでも緩和させるつもりで運動など控えて

しいるのに痛みがが出てくる、、

例えば、特に多い訴えに自動車の運転

があげられます。

自動車の運転で症状が悪化するのでは

なく、自動車を運転する姿勢に問題があり

ます。

似たような姿勢では電車やバスなどもシートは

垂直になってなく、ややお尻を前にずらして座る

とすわり心地も良く楽なようにおもったりもします。

また、自宅や仕事などで椅子に座っている時にも

お尻やや前にすべらして背中を丸め気味に座っ

たりなどもです。


骨盤(仙腸関節)に問題がなく痛みや違和感などの

症状もなければ、それほど問題ではありません。

しかし、仙腸関節に機能低下が存在し痛み等の症状

をもたれていれば、注意が必要です。
shiseinaosu.jpg


一般的には、、

仙骨すわりと呼ばれ

○背中への負担が増し、腰の筋肉がツッパリやすく
痛みを誘発しやすい

○骨盤が傾斜が増し骨盤・背中・股関節などが運動
を妨げやすい

など問題と言はれています。

前述のように健康な皆さんが、仙骨座りを少々されても

特に問題はありませんが、骨盤(仙腸関節)にネジレが

機能の低下があれば、この姿勢を長時間しているだけで

お尻周りに痛みがでる、それ以外は痛みが出ない、、

と言う例もあります。



基本的には、背骨が真っ直ぐになり背もたれにもたれすぎない

のことで背骨の生理的なカーブが保たれやすく、骨盤帯(仙腸

関節)への過度の負担をかけることを防げます。

どうしても長時間車の運転が必要な際は、定期的に休憩をとる

ことで負担を軽減できます。

人の重心とは?

2014.09.26.17:03

いつもありがとうございます。

今日は人間の重心について書いていきます。

人間の重心とはどこにあるかご存知でしょうか?

もともと重心とは何なのか?

簡単に言うと、

物体の中心、ということになります。

その中心というのは、重さ(重力)を考えたとき

その一点を支えると全体を支えることができる点

といえます。
jyuushinn.jpg


つまり、重さ的にバランスのとれる点です

人間の重心と言えば、

丁度オヘソの下(骨盤)あたりと考えられています。

男性は女性に比べて重心がやや高いと考えられています。

これは女性と男性の骨盤形状の違いからと言えます。

例えば、整体や整骨院などで右肩が上がっていると指摘される

あるいは、右肩が下がっていると指摘される、、、など、

そのような経験やげんにアンバランスなのを自覚されている方も

いらっるのではないでしょうか?

肩こりや頭痛・背中のツッパリ、腰痛・股関節の痛みなど身体のアン

バランスから二次的に生じている事が多い考えられます。

また、片側の靴が擦り減りやすかったりタコや魚の目が出来やすい

なども、アンバランスな姿勢・歩き方に起因していると言えます。

つまり自然な状態で重心が体の中心にないからです。


ご自身では判別しにくかったりしますが、第三者に立った状態や座って

楽な姿勢をしている時に肩の高さが違ったり、片方の肩がもりあがって

いたりなど容易に判断がつく場合もあります。

顔面麻痺の後遺症(神経の状態)

2014.09.25.16:41

いつもありがとうございます。

今日は顔面麻痺の病態(神経)について

顔面麻痺はその名の通り顔の筋肉が

動かなくなる症状を示しますが、実際に

麻痺しているのは顔の筋肉ではなく神経

です。

よく電気に例えられれますが、神経という電線

が何らかの原因により亀裂や損傷が生じて電流

が上手く流れなくなったと考えるとわかりやすいか

と言えます。

電気が流れないので動かない。。

この状態が顔面で起きるのが顔面麻痺です。
jikusaku.jpg


では、電線(神経)の損傷の程度は?

その損傷の程度が回復までの期間に大きく影響

を及ぼすと言えます


目安としての改善度合

一般的なベル麻痺の7割以上は2週間~1か月で

ほぼ改善します。

殆どの場合が脱髄型と呼ばれるもので、神経に少し

キズがいった程度と言えます。

これに対し軸索断裂と呼ばれる神経に大きな損傷が

生じていると考えられる場合には2~3ヶ月程度回復に

要します。

最も重度のものが神経断裂(電線が切れる)で、この場合

ある程度動きをとりもどまでに3~5か月程度要する場合

があります。

当然、脱髄<軸索断裂<神経断裂

の順で後遺症は残りやすくなります。

一般的な麻痺(7割)は何もしなくても改善すると考えられます

が軸索断裂や神経断裂の際は、ステロイド投与(1週間~10日)

する病院での一般的な治療が終了した後がとても大切になります。

つまり如何に後遺症を最小限に抑え、顔面への血流を促し、顔面にある

筋肉の拘縮を防いでいくかになります。

「気」の話

2014.09.17.19:15

いつもありがとうございます。

前回、東洋医学(鍼灸)について

の本をご紹介致しましたので、今回

もその絡みで「気」について書いて

いきます。

koutei.jpg


全身に「」は巡っている。
 
」の流れ道にツボがあって、この

ツボには、この症状が効く、、

どうもこのうような話を耳にすると、

受け付けない(信用できない)方も

いらっしやいます。

私も、どこどこのツボはこの症状に、、など

教科書的な事はあまり信用していません。


」の流れ云々は、目に見えるもので

はないので、科学的な根拠や、それを裏付け

する論文なりがないと信用できない、、迷信で

はないか?など

確かに、ご指摘を受けるに耐えられるだけのデータ

等は存在しなく、また、「」について誇張した喧伝も

見受けられるのも事実であると言えます。



古今東西、生物学・解剖学・物理学などの観点から

から長年に渡って研究が続けられ、中枢神経や大脳

皮質との関連説、内分泌説・生物電気説など様々な

説が存在致します。

しかしながら、今後も結論や万人が納得できるデ―タ

はでないし、出しようがないと言えます。

鍼灸も、その効果が科学的に証明できないため、正式な

医療となりません。

要するに効果はあるのはわかるが、どのような機序で効果

があるのかが解明できないのです。


現在でも、お薬(麻酔)の使用できない患者さんの抜歯などに

低周波を通す鍼麻酔が行われています。
(鍼麻酔のメカニズムもモルヒネ様物質が生産されるなどされる
が未だに十分解明されていません)

また、日常会話など「」をよく使います。

例えば、

○○さんは病気で入院したそうだよ。

久しぶり、元気にしてた?

元気ですか?

など、、

この元気は中医学で言う原初の生命

エネルギーで両親から受け継いだものな

のです。

次回もについて書いてみます。







鍼とツボの科学(本のご紹介)

2014.09.10.19:27

いつありがとうございます。

9784061329928_l.jpg

今日はよくご来店の皆様から尋ねられる

質問に、、

「鍼はどうして効くのですか?」
「どのような機序で効くのですか?」
「ツボとはなんですか?」

など、、

鍼の作用や効果・ツボについてお問い合わせ頂く

事がありますので、鍼がどうして効くのか?ツボとは

何なのか?など

詳しく知りたい方にお勧めの本をご紹介

します。


私もそうでしたが、鍼灸を学び始めた学生さん

なら一度は目にしている一冊と言えます。

鍼の歴史からツボについて、そして現代医学

で鍼が身体に刺さってから、どのように効くと

考えられているのかについて考察されています。

やや難解な記述も多少はありますが、中身は

濃い一冊と言えます。




自律神経を活用する睡眠・呼吸方法

2014.09.05.17:36

いつもありがとうございます。

今回は、手軽に副交感神経をたかめる

入眠方法と呼吸方法をご紹介致します。


副交感神経は自律神経と呼ばれるもので、

リラックスしている時などに作用しています。

何故、副交感神経が優位になるといいのかは

このブログでも、自律神経免疫療法でとりあげて

いるように、体の免疫力を上げて、全身の血行を

促し、病気を治癒させる働きがあるからです。

日中は、お仕事や学校など身体的に緊張状態に

ありますが、家の帰って眠りに入る時には上手く、

交感神経優位から副交感神経優位へと切り替わり

ます。

しかし、

その切り替えが上手くいかないと寝つきが

わるく、また浅くなりったりもします。

fukushiki.jpg


よく言はれるように夜寝る前にお湯にゆっくりつか

り香りの入浴剤など入れリラックスし、布団に入って

から、ゆっくりお腹一杯に息を吸いこんでから、吐き

出すときもゆっくり行います。

これを2~3回(できるだけゆっくり)行います。

そうすると副交感神経が高まり、血行が穏やかによく

なり内調の不調もただしてくれます。

9月3日は休日

2014.09.02.09:21

いつもありがとうございます。


明日、9月3日(水曜日)

は内装工事のため休日とさせて頂きます。

4日(木曜日)からは通常営業

宜しくお願い致します。
プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR