FC2ブログ

東洋医学的なチェック法 (舌の色)

2014.07.30.17:45

いつもありがとうございます。

前回は舌の形状により身体状態

についてご紹介致しましたが、今回は

舌の色による健康状態の識別方法に

ついてご紹介してまいります。

shitairo2.jpg



1.舌の色が白みががっている

舌の赤味は血液の色でもありますので、

血液の赤味が少ない人は虚弱体質で貧血

症状や冷え性などがみられます。

また血の巡りが悪い事もあり息切れ・動悸

などもみられことがあります。

2.舌の赤みが強い。
通常は赤みでもややピンクがった色が健康体

でありますので、必要以上の赤みは水分不足

が考えられます。

風邪を引いたりすると舌の先端など赤みが特に

酷くなったりもします。



3.舌の赤みが強く紫がかってる。

血行不良や水分不足などが考えられます。

紫がかっている方は、慢性的なコリや疲れ、

痛みなどを例が多く、重症になると舌に

紫色の斑点などみられれば、心臓の症状や

静脈瘤など血液の流れが停滞したり血栓など

おこしやすくなります。

4.舌の裏の血管の膨らみが大きい。(3の続き)

舌の裏を見ることは少ないと考えられますが、東洋

医学ではとても大切な所見となります。

太く紫色で蛇行してるようですと血行障害の病気

を引き起こすこともありますので注意が必要です。

例えば痔や狭心症・脳梗塞・脳出血など、、、、

続く、、、

東洋医学的なチェック法(舌)

2014.07.22.19:47

いつもありがとうございます。


東洋医学的なチェック法!

今回は舌で体調・体質を診る方法
につて記述してみます。

日常生活でじっくり舌をみることは
少ないかと思います。

東洋医学ではとても重要な身体部位
で、舌をみれば多くの身体的情報を入手
出来ます。

例えば舌が大きく厚い方は身体も丈夫
でガッチリとしてますが、その逆で薄くて
小さい舌の方は痩せ方の体をしている
傾向があります。

「舌診」におけるポイントは

形・大きさ・色・舌苔 

です。


zetushin.jpg

舌は粘膜で覆われ血管が豊富でハッキリわか
るため東洋医学では古来より血液の状態をここ
で診ていました。

舌ををチェックする際は自然光のした、うがいをし
飲食物の付着をおとしておきましょう。

※舌苔とは、舌に付着する白い苔状のもの

1、舌の形状について。

舌の周辺に歯形がついている

これは舌がむくんで水分過多の状態です。
むくみで舌が膨らみ歯におしひつけられる事
で歯形がつき、下の周囲が凸凹となります。

主に胃腸の不良や腎機能の低下でもみられ
ます。



舌が震えたりする。

舌を口から外に突き出すと制止できなく舌に
震えが起こる。

これは過度な緊張状態や身体的疲労や体力
低下が生じている時にみられる傾向にあります。

舌の周囲に亀裂が入っている

手のひび割れのように、舌の周辺に亀裂が入っ
いる際は水分不足が考えられます。

のどが常に乾いたり唾液量が減ったりなど。
加齢でも自然現象としてみられますが、若いのに
亀裂がいつもある場合は、身体的ストレスの蓄積
或は、虚弱体質などが考えられます。


7月19日と連休の予定

2014.07.17.20:55

いつもありがとうございます。

営業時間のご連絡

※7月19日(土曜日)

午前9時~午後6時までの営業


※7月20(日曜日)21日(月曜日)の連休

午前9時~午後3時までの営業

となっております。

宜しくお願い致します。

突発性難聴とよく似た病気NO2

2014.07.09.17:28

いつもありがとうございます。

突発性の難聴とよく似た症状で

国内における総患者数が10万人
近く、、と推定されているメニエル
について。

特に若い女性に多く、近年は低年
層(中高生)にもみられるようになっ
ているとされてます。

実際10万近くも罹患されているの

かどうか?疑問もありますが、似た

ような症状で悩まされていらっしゃる

方が多いのは事実です。

メニエルも突発難聴同様に原因が

よくわかってなく、ストレスと相関関係

がるのはよく知られています。

内耳の水ぶくれが起こる事で症状が

出ると考えれれていますが、どうして水

ぶくれが起こるがよくわまっていません。


しかし、過剰なストレスや疲れ・睡眠不足

が蓄積すると内耳に水ぶくれが起こりやす

くなる
と考えられています。

メニエル病の最初の発作はトッゼン起こり

ます。

突発性難聴との違いは、回転性のめまい、

耳鳴り・難聴・吐き気や頻脈などを繰り返す

点です。

突発の難聴は一回だけで繰り返さないと現代

医学の解釈になります。

(実際のところは再発するのですが、再発すると
突発性の難聴とは呼びません。)

メニエール病の基本治療は、投薬となります。

発作を繰り返すと、その前兆症状が把握でき

たりします。

(耳の閉塞感や頭痛や頭が重かったり、、など)

予兆時にお薬で発作をおさえる事も大切ですが

根本的な改善法ではないため、生活習慣・環境

など見直しカウンセリングや東洋医学など身体に

やさしい方法も視野に入れる必要がある症状と

言えます。










プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR