腱鞘炎(ドケルバン病)の症状・原因・改善法

2018.02.21.14:22

いつもありがとうございます。

手首をよく使い方うお仕事の方や産後や更年期
でも生じるのがドケルバン病 と呼ばれる腱鞘炎です。

ドケルバン病(痛いところ)


部位は手首の親指になります。

手が痛いと腱鞘炎では?と想像されますが、本当の

意味の腱鞘炎でドケルバン病と別名までついています。



症状は

手首を小指側に回す動作やタオルを絞るような動作で親指側

に痛みが生じます。

親指には親指を広げる作用のある長母指外転筋と親指を真っす

ぐに伸ばす作用のある短拇指伸筋とが腱鞘と呼ばれる親指手首あた

りにあるトンネルを通っています。

腱鞘炎(短拇指伸筋腱・長母指外転筋腱)


このトンネルの中で長母指外転筋と短拇指伸筋が擦れ合うことで炎症

が起こりトンネルの通り路が狭まったり、長母指外転筋腱と短拇指伸筋腱

が擦れ合うことで痛みや腫れを生じる症状です。


確認法

フィンケルシュタインテスト

フィンケルシュタインテストと呼ばれる方法で痛い側の手で最初に親指をまげ

た状態でグーを作ります。

この状態で、小指側に手首を曲げた際に痛みが増せばドケルバンの可能性が

あります。


JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

ばね指・弾発指

2018.02.15.08:24

いつもありがとうございます。

手をよく使う中高年の方(女性に多い)症状に

ばね指・弾発指がります。


特に親指・中指などに発症することが多い症状で、

ゆびを曲げると戻らなくなったり、逆に伸ばすと曲げ

られなくなったりします。


ゆびを伸ばそうとするとカクンと跳ねるような現象が、典型的

な症状であります。

ばね指・弾発指


このためにスナッピンングフィンガーと呼ばれたりします。

これは、指を曲げる時に使う筋が腱鞘と呼ばれる筋が通るトンネル付近で

炎症が起こり、トンネルの穴が狭まり筋が上手く筋が通れなくなることで起こります。

そのため指の曲げ伸ばしがスムースに行えなくなります。


原因は主に使い過ぎによるものですが、更年期の女性に多く、リュウマチや

出産後に生じたりもします。


改善法

基本は手をつかわないようにすること(安静)です。

ギブスやテーピングなどで指の曲げなばしができないようにします。

再発を繰り返す際には病院で手術の選択もあります。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/
 ←ここをクリック

TFCC(三角繊維軟骨複合体)の損傷の鍼灸施術

2017.08.08.14:51

いつもありがとうございます。

前々回

TFCC損傷の記事←を

記載しました。


今回は安全で効果のある鍼灸の施術をご紹介いたします。

他の治療よりも鍼がすぐれているポントは、副作用が全く

ない
点であります。

sannkakuhari.jpg


まったくないと言えば語弊はあるかもしれまんが、鍼をうつ

さいに少し違和感がある程度です。


注射針のように太くありませんので痛みもその程度です。

鍼は患部(三角繊維軟骨(TFCC)のある場所とその周りで

痛みのある個所に、最も細い針をつかいます。

細い針でも十分効果があります。

該当箇所に鍼を4本~8本程度さし、痛んだ靭帯や筋肉に

血流がよくなるようにします。

boukyuu.jpg

また、場合によっては棒灸でさらに血行をよくします。

これを数回わけておこなうことでだいたい痛みは改善します。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/

TFCC(三角繊維軟骨複合体)の損傷

2017.08.04.09:40

いつもありがとうございます。

手首は他の関節に比べとても複雑な動きを

するため、痛めることも多々あり悩みを抱えていらっしゃる

方も意外と多いのが現状です。

複雑な動きをする手首は整形外科の中でも手を専門的に
あっかっている(手の外科)があるくらい、診断や治療も難し
ためです。

その中でも、手首の小指側にある靭帯・TFCC(
三角繊維軟骨複合体)をスポーツや仕事なので痛める事例が
多いと言えます。

2871.jpg


一般的には症状から診断となります(MRIの画像診断となり
ますが、数ミリ単位の画像のためMRI上でも検出できない例もあり
ます。)

初期の段階では湿布と手首の固定(安静)です

しかし、症状が酷い例を省いて、家庭やお仕事の都合で手首を固定

してしまうのは困難な事が多いです。



当院では院長である私自身がTFCCを痛めた経験もあり、またこれまで

の経験からも患部に直接、鍼灸をすることで早く改善します


どうしても手首に負荷ががる、あるいは頻繁に手首をひねるような事情が

ある際には、固定力が高すぎたり、指から手首全体を固定するようなサポータ

を使用すると、肘や肩周りまで痛みがでたりしますので、固定力の高いサポータ

を選ぶ際には、殆ど手首を使わない環境である事が条件となります。

次回は手首の鍼灸について解説します。

JR/山陽姫路駅前で鍼灸と整体の姫路なごみ整体院
HP  http://nagomihime.com/


プロフィール

nagomihime

Author:nagomihime
なごみ鍼灸・整体院スタッフのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR